TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

小野薬品と本庶氏が和解‐解決金や基金寄付で280億円

2021年11月15日 (月)

相良社長「内容に満足」

相良社長

 小野薬品は、京都大学特別教授の本庶佑氏が免疫チェックポイント阻害薬「」の収入配分をめぐって同社に約262億円の支払いを求めて大阪地方裁判所に訴えていた裁判で、12日に和解が成立したと発表した。大阪地裁の和解提案を受け、本庶氏に50億円を支払うほか、京都大学内に設立される「・本庶記念研究基金」に230億円を寄付する。ライセンス契約で定められたロイヤリティ料率を変更することなく、今後も本庶氏にロイヤリティを支払うことでも合意した。

 本庶氏に支払う50億円の内訳は、▽ライセンス契約に係る紛争の全面解決に対する解決金▽三つの特許やこれに関連する国内外の特許の有効性をめぐる対第三者訴訟において、本庶氏が同社に協力したことに対する報奨金▽この特許を含むライセンス契約の対象特許における本庶氏以外の発明者に対する清算金――となっている。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報