TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【京大ウイルス・再生研】上皮バリア形成のペプチド発見‐上皮組織の修復に働く

2021年11月25日 (木)

 京都大学ウイルス・再生医科学研究所の研究グループは、マウス上皮組織由来の分泌液中に上皮バリア形成を誘導する液性因子が存在することを見出し、新規生理活性ペプチド「JIP(Junction inducing peptide)」を同定した。また、JIPは、G蛋白質G13を直接活性化することで、アクチン骨格を再編成し、タイトジャンクション(TJ)の形成を誘導することを見出した。さらに、JIPは、炎症回復時に発現が増加し、上皮組織の修復に貢献することを明らかにした。

 TJと呼ばれる細胞間接着装置は、生体内における上皮組織のバリア機能に必須の役割があり、その分子構築については精力的に研究が行われてきた。一方で、TJがどのようにして形成されるかについてはほとんど分かっていない。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報