TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】接種間隔「6カ月」可能に‐クラスター地域は例外運用

2021年11月29日 (月)

 厚生労働省は26日、来月からスタートする新型コロナウイルスワクチンの追加接種について、例外的に初回接種の完了から6カ月以上の間隔を置いて接種を実施するための要件を整理し、都道府県向けに事務連絡を発出した。

 12月からファイザー製ワクチンで追加接種が始まる。新型コロナウイルスワクチンの追加接種は初回接種の完了から原則、8カ月以上の間隔を置いて1回接種することとされているが、一定条件を満たせば、例外的に8カ月以上の間隔を置かずに追加接種を実施しても差し支えないとの考え方を示している。今回の事務連絡で、例外的に8カ月以上の接種間隔を置かずに追加接種が実施可能な場合を整理した。具体的には、医療機関等でクラスターが発生した場合に、当該医療機関の入院患者や入所施設利用者、通所施設利用者、当該医療機関の業務に従事する者で、感染拡大防止を図る観点から必要範囲の者に接種する場合とした。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報