TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】モデルナ製追加接種を承認‐接種時期は「6カ月後」

2021年12月20日 (月)

 厚生労働省は16日、米モデルナの新型コロナウイルス感染症ワクチンについて、3回目接種(追加接種)に向けた用法・用量の一部変更を特例承認した。用法・用量は初回免疫の半分量となる0.25mLを筋肉内に接種する。既に追加接種に使用されている米ファイザー製品と同様に、18歳以上を対象とし、2回目接種から少なくとも6カ月経過後に接種する。

 15日の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会で了承されたことによる対応。

 一部変更が特例承認されたのは、製造販売業者の武田薬品が申請した「COVID-19ワクチンモデルナ筋注」(一般名:コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン)で、用法・用量の項目に「追加免疫:1回0.25mLを筋肉内に接種する」と追記した。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報