TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【サワイGHD】少品目大量生産を検討へ‐澤井会長、新子会社の供給体制で方針

2021年12月23日 (木)

澤井会長

 サワイグループホールディングス(サワイGHD)の澤井光郎会長は、本紙の取材に応じ、小林化工の製造設備や人員の譲受契約により、受け皿として設立した子会社のトラストファーマテックについて、「小品目大量生産で、フレキシブルな増産が可能な新製品を作る工場を検討したい」との考えを明らかにした。供給不足を発生させると初収載品を2回見送るという「念書ルール」を踏まえた対応になる。

 譲受する小林化工の工場における出荷開始は、2023年4月を予定。23年度後半には、沢井製薬の第二九州工場も稼働することから、1年間で約60億錠の増産体制を整えることになる。

[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報