TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【協和キリン】「クリースビータ」1000億円超へ‐宮本社長、ブロックバスター実現に意欲

2022年02月15日 (火)

宮本氏

 協和キリンの宮本昌志社長は7日の決算説明会で、グローバル戦略製品のくる病治療薬「クリースビータ」が2022年度に全世界で売上高1000億円を突破する計画であることに言及。「協和キリン初の自社創製ブロックバスターの実現を達成したい」と強調し、「今がまさにグローバル企業としての強固なビジネス基盤を構築するタイミング。22年もしっかり投資を行っていきたい」と中長期的な成長に意欲を示した。

 同社は25年までの中期経営計画で、「クリースビータ」、抗癌剤「ポテリジオ」、パーキンソン病治療剤「ノウリアスト/ノウリアンズ」をグローバル戦略3製品として成長ドライバーに位置づけ、グローバルスペシャリティーファーマの実現を目指している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報