「ビスラットゴールドa」漢方処方の肥満対策薬 小林製薬

2009年2月25日 (水)

yakuji_photo

 小林製薬は3月4日から、漢方処方の肥満対策薬「ビスラットゴールドa」を新発売する。同品は脂質の代謝を上げて、過剰に溜まった体脂肪を落とす内服薬。8種類の生薬から抽出した大紫胡湯乾燥エキスで、脂質の代謝を高めることで過剰な体脂肪を減らし、肥満症や常習便秘にも効果をもたらす。生薬から抽出した乾燥エキスを服用しやすい錠剤タイプにした。

 同社は、2006年に肥満改善薬「ナイシトール85」を発売。08年度には240億円を予測するなど肥満改善薬市場は大きく拡大し、今後も伸長が見込まれる。脂質代謝を高めて体脂肪を落とすという効果によって、新たなターゲット層を開拓することで、さらなる市場拡大を図る考え。「ビスラットゴールドa」の初年度売上目標は15億円。

 容量・メーカー希望小売価格は、84錠入り・税込み1449円、180錠入・2780円。

「ラナケイン」ブランドから冷感ジェルタイプを追加

yakuji_photo

 また、痒み止め・皮膚炎治療薬「ラナケイン冷感ジェル」(30g入り、税込み希望小売価格924円)をアイテム追加し、3月4日に発売する。日常のちょっとした刺激でも、すぐに痒みを覚える肌に、心地よい冷感刺激で素早く鎮めるジェルタイプの痒み止め。

 冷感刺激成分(L‐メントール)を4%配合、適度な冷感作用によって、塗った部分から素早く痒みを抑えると同時に、局所麻酔成分(リドカイン)が痒みを素早く鎮める。パッケージデザインも冷感をイメージした水色をベースに、「1秒でも早く!」の文字とストップウォッチの絵を大きく表示した。

 「ラナケイン」ブランドではこれまで、痒がり肌向けクリームタイプの「ラナケインS」、カサカサ肌向けの「ラナケインクリーム」を発売してきたが、同社生活者調査で、痒み止めの要素に「スーッとした気持ち良さ」を求められていることが分かった。そこで、冷感刺激で素早く痒みを鎮める同品を発売することで、「ラナケイン」ブランドの強化を図った。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録