HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

英シャイアーが日本市場に参入‐希少疾患領域に焦点

2009年2月26日 (木)

 英国の製薬企業シャイアーは23日、都内に日本代表事務所を設置した。代表者には元ジェンザイム・ジャパン取締役の藤原聰氏が就任。潰瘍性大腸炎(IBD)、高リン血症、ファブリー病など、スペシャリティー領域の製品で日本市場に参入する。

 日本代表に就任した藤原氏は、元ジェンザイム・ジャパン取締役で、製薬業界で20年以上にわたって希少疾患の治療薬を開発してきた経験を持つ。

 シャイアーは、注意欠陥・多動性障害(ADHD)など専門性の高い領域の新薬開発を手がけるスペシャリティーファーマ。これまで提携企業を通じて、多くの治療薬を日本市場に導入してきた。既にアジアには、シンガポール、オーストラリアに事務所を設置している。希少疾患治療の担当事業部門であるシャイアー・ヒューマン・ジェネティック・セラピーズ社長のシルビー・グレゴアー氏は「日本代表事務所の開設で、日本市場においてシャイアーのプレゼンスを高めるための重要な一歩を踏み出すことができた」とコメントしている。

 シャイアーの2007年度売上高は24億3600万ドル(約2300億円)。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録