TOP > 企画 ∨ 

【日本薬学会第142年会】シンポジウムの概要 オルガネラ研究の新機軸‐オルガネラ・ゾーンの確立と創薬への展望

2022年03月23日 (水)

オーガナイザー
 齊藤達哉(阪大院薬)
 新井洋由(東大院医)

 オルガネラは生命の根幹をなす細胞活動に関わる小器官であり、様々な特徴を持ったオルガネラは各々が高度に専門化した役割を担っている。オルガネラの機能不全は種々の疾患の発症へとつながるため、機能低下防止・機能改善に導く治療薬の開発が試みられるなど、オルガネラは薬学領域において重要な研究対象と考えられている。

 顕微鏡技術の進歩に伴い、「一つのオルガネラの中に異なる役割を担う区画が存在すること」や「オルガネラ機能の多くがこれらの区画における素反応の集積として発揮されること」が次々と判明している。これらの機能区画を“オルガネラ・ゾーン”と定義し、新たなオルガネラ像の確立を目指す研究の潮流が生まれている。

 本シンポジウムでは、オルガネラ・ゾーンの観点から、生命現象の理解、疾患病態の解明や細胞制御法の開発に取り組んでいる研究者が、最新の研究成果を紹介する。さらに、オルガネラ生物学の今後の展開ならびにオルガネラを標的とする創薬の可能性について議論する。

 (齊藤達哉



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報