TOP > 企画 ∨ 

【日本薬学会第142年会】シンポジウムの概要 有機合成化学の若い力:有機合成化学のニューノーマル時代を切り拓く

2022年03月23日 (水)

オーガナイザー
 澁谷正俊(名大院創薬)
 坂井健男(名城大薬)
 薬師寺文華(北大院薬)

 有機合成化学は、新しい分子を人工的に創り出すことを可能にする学問である。薬学の分野では、医薬分子が生み出されたり、生体の機能を解明するためのツールが開発されたりするなど、有機合成は創薬研究を支える基盤技術として発展してきた。

 しかしながら近年、低分子を中心とする従来型の医薬品開発から中分子やバイオ医薬品等へとモダリティが多様化し、これまでの有機合成技術の延長だけでは通用しない時代を迎えている。このような有機合成化学のニューノーマル時代を、広い視野を持って新しい化学を生み出し切り拓いていくため、幅広い分野で活躍する5人の若手化学者に最新の研究成果を紹介していただき議論する。

 具体的には、天然物-擬天然物の全合成、最新創薬技術を駆使した新規抗癌剤の開発、生細胞内標的分子を同時検出可能なラマンプローブ、触媒や薬剤輸送のためのナノ炭素材料、亜鉛反応剤の多面的反応性を利用する分子構築法に関する研究成果を紹介していただく。

 (澁谷正俊



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報