TOP > 企画 ∨ 

【日本薬学会第142年会】シンポジウムの概要 薬用植物化学研究の新展開

2022年03月23日 (水)

オーガナイザー
 淡川孝義(東大院薬)

 近年の自然科学の技術革新は、多くの創薬研究分野に革新をもたらしている。DNAシーケンス技術の発展により、遺伝子資源が生合成研究の出発点となり、遺伝学、酵素学ツールの普及により、様々な生合成遺伝子や酵素が容易に取得されるようになり、その学術知見は加速度的に蓄積されている。

 こうした背景をもとに、新時代の研究が次々と生み出され、天然物をはじめとする生体分子を基盤とする創薬が再び脚光を浴びつつある。

 本シンポジウムでは、新規天然物の創出を志向し、開拓の余地が大きい植物化学をターゲットとし、その生合成、構造生物学、有機合成化学との融合研究を基盤とする創薬研究に切り込む5人の研究者を招いて、ご講演いただく。本分野の研究成果を幅広い薬学研究分野の研究者にご覧いただき、異分野融合研究の創発を促したい。ぜひ、幅広い分野の方々に足をお運びいただき、次の時代を切り開く最先端の天然物化学を基盤とする創薬研究について熱く議論したい。

 (淡川孝義



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報