TOP > 企画 ∨ 

【日本薬学会第142年会】シンポジウムの概要 フォルダマーの魅力‐構造多様性が拓く未来

2022年03月23日 (水)

オーガナイザー
 三澤隆史(国立衛研)
 渡邉瑞貴(北大院薬)

 “フォルダマー(Foldamer)”とは、低分子ユニットを繰り返し連結(オリゴマー化)させた時に、規則的な一定の2次または3次構造をとる人工分子のことである。これまでに様々なタイプのフォルダマーが開発され、そのユニークな構造特性から、新たな機能性材料への応用が期待されている。さらにフォルダマーは、多点分子認識を可能とすることから、有機分子触媒、ケミカルバイオロジーのツール、および蛋白質間相互作用を標的にする医薬品候補としての応用が期待されている。

 本シンポジウムでは、多岐にわたる切り口からフォルダマーの魅力に迫り、構造多様性に基づく機能性分子の開発を見据えた討議を行う。すなわち、フォルダマーを構成するモノマー分子や配列の設計、立体構造およびその規則的な構造によって織りなされる多様な機能について議論し、次世代の機能性材料および中分子創薬への可能性を探る。

 (三澤隆史



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

企画 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報