HOME > 無季言 ∨ 

「世界緑内障の日」

2009年3月11日 (水)

◆3月6日は昨年制定された「世界緑内障の日」。今年も日本緑内障学会や患者団体などが中心になり、啓発活動が活発に行われた。緑内障は、視野が次第に欠損していく眼疾患で、失明原因の常に上位に位置している。欠損した視野は元に戻らず、発見された時点で進行を食い止める治療、主に薬物治療が施される
◆視野欠損は、視神経が障害を受けることで起こる。その原因として以前は、高い眼圧の影響が考えられてきたが、国内で最近行われた疫学調査で、正常な眼圧でも発症するタイプ(正常眼圧緑内障)が見つかり、日本人にそのタイプの多いことが明らかになった
◆眼圧だけでは確定的な診断は下せなくなったが、視神経の状態を見る眼底検査のほか、視野検査を行えば診断できる。視野が欠けていても初期段階では意外と自覚がない。患者団体の調査によると、診断時に視野欠損を指摘された患者は73%で、半分以上欠けていても28%の患者は自覚症状がなかったという、驚くべき数字が明らかになった
◆失明者を減らそうと、世界が警鐘を鳴らす緑内障。国内でも早期発見の啓発に一層取り組んでほしい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録