TOP > 無季言 ∨ 

抗菌薬使用量削減、目標達成に責任を

2022年03月25日 (金)

◆日本薬剤師会の調査で昨年1月時点の薬局における抗菌薬使用量が2019年1月に比べ、3割以上減少していたことが分かった。第3世代セファロスポリン系薬が37%、キノロン系薬が31%、マクロライド系薬が39%減少していた
◆かぜに抗菌薬が不適切に使用される実態が明らかになり、耐性菌の問題から適正使用が求められている。政府は20年までに抗菌薬使用量を13年比で33%削減する「AMRアクションプラン」を策定したが、日薬が示した結果はその目標値にも近い
◆しかし、元厚生労働相の塩崎恭久氏が日本女性薬剤師会のセミナーで驚くべき事実を明らかにした。厚生労働省と農林水産省がアクションプラン最終年度となる20年の抗菌薬使用量に関する集計を未だに完了していないというのだ
◆新型コロナウイルス感染症への対応に追われていたとはいえ、お粗末ではないか。抗菌薬・ワクチンの開発、適正使用の推進と産官学民が感染症対策に総力を挙げて取り組む中、目標達成に責任を果たしてもらいたい。



‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

無季言 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報