TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【アルジェニクスジャパン】開発品、世界同時承認目指す‐4適応を開発、申請準備

2022年05月24日 (火)

ストレンガー社長

ストレンガー社長

 免疫領域のスペシャリティファーマであるアルジェニクスジャパンのヘルマン・ストレンガー社長は17日に記者会見し、「患者のニーズにできるだけ早く応えるため世界同時承認を目指す」と開発の基本方針を示した。まずは全身型重症筋無力症治療薬として9日に発売した同社の日本第1号製品「ウィフガート点滴静注」の成分エフガルチギモドアルファによる開発を進める。

 具体的には、全身型重症筋無力症(皮下注製剤)、免疫性血小板減少症(点滴静注製剤)が承認申請準備中。尋常性天疱瘡・落葉状天疱瘡、慢性炎症性脱髄性多発神経炎は第II相試験を実施中。グローバル戦略としては2025年までに15の適応症の取得を予定しているという。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報