TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】欧州や北米でサル痘発生‐都道府県に情報提供要請

2022年05月25日 (水)

 欧州や北米でヒトのサル痘の感染例や疑い例が相次いで報告されている。23日時点で国内の発生事例は報告されていないが、厚生労働省はアフリカ大陸以外の複数の国で渡航歴のない感染者が発生していることから、日本での輸入例発生に警戒している。20日にはサル痘を疑う症状を呈する患者を診察した場合には、最寄りの保健所に相談するよう求める事務連絡を都道府県や関係団体に発出した。今後、積極的疫学調査や検体採取方法などを示す考え。

 サル痘は、オルソポックスウイルス属のサル痘ウイルスによる感染症。主にアフリカに生息するリスなどのげっ歯類やサル・ウサギなどウイルスを保有する動物との接触でヒトに感染する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報