TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【住友ファーマ】iPS由来細胞の治験準備‐木村専務「加齢黄斑変性など対象」

2022年07月21日 (木)

木村氏

 住友ファーマで再生・細胞医薬事業を担当する木村徹代表取締役専務執行役員は14日、都内で行われた再生医療EXPOで講演し、他家iPS細胞由来の細胞を用いた加齢黄斑変性対象の国内治験と、パーキンソン病を対象にした米国治験について、今年度中に開始する準備を進めていることを明らかにした。

 加齢黄斑対象の治験はヘリオスと理化学研究所と連携し、網膜色素上皮細胞を作製し、移植する。2025年度の国内上市を目指す。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報