TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【感染研グループが実証】病院排水の抗菌薬を浄化‐施設内オゾン処理装置で

2022年08月05日 (金)

 国立感染症研究所病原体ゲノム解析研究センター長の黒田誠氏らの研究グループは、病院の排水中に含まれる薬剤耐性菌や抗菌薬を、病院施設内に設置したオゾン処理装置によって不活化できることを実証した。大規模な装置で効果を示したのは世界で初めて。今年度中に社会実装を見据えた実証実験を行う計画で、薬剤耐性(AMR)対策のうち、環境を浄化する手段の一つとして確立したい考えだ。

 研究グループは、東邦大学医療センター大橋病院の排水タンクに実験用の処理タンクを併設。病院から排出される糞便や尿を含む下水を1000Lの処理タンクに引き込み、オゾン処理による浄化を試みた。水に溶けにくいオゾンを微細な泡として水中に放出する装置で排水を処理し、浄化の可能性を検証した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報