アンジオテンシン”を含む記事一覧

2009年11月04日 (水)

 厚生労働省は、課長通知と事務連絡を日本製薬団体連合会に発出し、潰瘍性大腸炎治療薬や、鎮痛剤などの使用上の注意の改訂を関係団体に指示した。 (さらに…)

続きを読む »


2009年10月27日 (火)

【中外製薬】平成21年12月期第3四半期決算短信
【日本ベーリンガーインゲルハイム】ミカルディス(R)、欧州医薬品評価委員会より、アンジオテンシンII受容体拮抗薬として初めて「心血管イベント高リスク患者での心血管死の減少」の追加適応承認の推奨を受ける
【万有製薬】欧州委員会、Merck & Co., Inc., Whitehouse Station, N.J., U.S.Aとシェリング・プラウ社の統合案を承認

続きを読む »


2009年10月21日 (水)

【アストラゼネカ】役員異動のお知らせ
【大日本住友製薬】当社によるSepracor Inc.の買収完了に関するお知らせ
【日本ベーリンガーインゲルハイム】ミカルディス(R)、アンジオテンシンII受容体拮抗薬として唯一、米国食品医薬品局(FDA)から「心血管イベント高リスク患者での心筋梗塞、脳卒中、心血管死のリスク減少」の適応を取得-ミカルディス(R)(一般名:テルミサルタン)が、ACE阻害薬を服用できない心血管イベント高リスク患者での心血管イベント減少の治療選択肢に-

続きを読む »


2009年10月19日 (月)

 ノバルティスファーマは直接的レニン阻害剤「ラジレス錠150mg」(一般名:アリスキレンフマル酸塩)を新発売した。  ラジレスは、高血圧治療薬として、十余年ぶりの新規作用

続きを読む »


2009年08月13日 (木)

 ニールセン・カンパニーとソネット・エムスリーが行った「アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)のブランド力」調査の結果、最もブランド力が高かったのは「オルメテック」だった。 (さらに…)

続きを読む »


2009年08月07日 (金)

 大日本住友製薬の多田正世社長は5日、都内で記者会見し、2009年度第1四半期決算で高血圧治療剤「アムロジン」の売上高が、後発品の影響で、前年同期比5・8%減と落ち込んだことを受け、「10~11年は、全社的な合理

続きを読む »


2009年07月31日 (金)

 厚生労働省医薬食品局は30日、経口腸管洗浄薬のリン酸二水素ナトリウム一水和物・無水リン酸水素二ナトリウム(一般名:ビジクリア錠、ゼリア新薬)の服用により、急性腎不全、急性リン酸腎症(腎石灰沈着症)などの副作用が発生

続きを読む »


2009年07月24日 (金)

1.はじめに  「DDSの現状と展開」について、9回にわたり連載してきました。最後となる今回はDDSの未来、将来像について期待を含めて解説します。 2. DDSが目指すもの  20世紀後半に

続きを読む »


2009年07月08日 (水)

 武田薬品は、高血圧症治療薬「ブロプレスプラス」の高用量をドイツで新発売した。ブロプレスプラスは、アンジオテンシンII受容体拮抗薬「ブロプレス」(一般名=カンデサルタン・シレキセチル)と利尿薬(一般名=ヒドロクロ

続きを読む »


2009年07月06日 (月)

 アステラス製薬と日本ベーリンガーインゲルハイム(NBI)は、アンジオテンシンII受容体拮抗剤(ARB)「ミカルディス」と少量利尿薬「ヒドロクロロチアジド」(HCTZ)の合剤「ミコンビ錠」を国内市場に投入し、競争が激

続きを読む »


2009年07月01日 (水)

ミコンビ配合錠AP  日本ベーリンガーインゲルハイムとアステラス製薬は、高血圧症治療薬「ミコンビ配合錠AP、同BP」を新発売した。  ミコンビ配合錠は、アンジオテンシンII受

続きを読む »


2009年06月29日 (月)

 「薬事日報」の記事タイトルをリスト形式で掲載。記事全文はYAKUNETでご覧いただけます。(→ YAKUNETとは) 1面 08年社会医療診療行為別調査‐後発品は種類で初の20%台 厚生労働省

続きを読む »


2009年06月24日 (水)

 薬事食品衛生審議会・薬事分科会は19日、前立腺肥大症治療薬「アボルブカプセル」、降圧剤「ラジレス」の2品目を審議したほか、9品目の報告を受け、承認を了承した。報告品目の中には、配合の意義などが指摘され、医薬品第一部

続きを読む »


2009年06月17日 (水)

 市場調査会社のIMSジャパンは、2008年度の国内医療用医薬品市場の調査結果を発表した。それによると、分子標的治療薬が牽引した抗癌剤の伸長が目立ち、市場規模は薬価ベースで前年比2・9%増の8兆3686億円とプラス成

続きを読む »


2009年06月11日 (木)

補正加算を6成分に適用  厚生労働省は新医薬品9成分19品目を、19日付で薬価基準へ追補収載する。内訳は内用薬6成分12品目、注射薬2成分6品目、外用薬1成分1品目。10日の中央社会保険医療協議会総会で、薬

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報