国立循環器病研究センター”を含む記事一覧

2016年02月23日 (火)

 国立循環器病研究センターと大阪薬科大学は17日、薬学領域における教育、研究、医療に関する交流等を促進する包括協定を締結した。今後、実務代表者からなる協議会を設置し、[1]総合力を持つ薬剤師の育成[2]臨床研

続きを読む »


2016年02月22日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
理研など31法人が協議会:P2 癌免疫活性に新測定法 がん研究C:P3 健康拠点目指して新業態:P6 胎盤から細胞治療製品 プルリステム:P7

続きを読む »


2015年08月19日 (水)

 国立循環器病研究センターは17日、厚生労働省の国立研究開発法人審議会高度専門医療研究評価部会に、2010~14年までの第1期中期計画における業務実績の自己評価を提出した。14評価項目のうち、「臨床を志向した研究・開

続きを読む »


2015年08月19日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ、別刷「メディカル版」8ページ)
新薬等10件を審議へ 医薬品第1:P2 2015年中間決算 外資製薬大手:P7企画〈和漢医薬学会〉:P4~5

続きを読む »


2015年08月10日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
売上高マイナスに 薬卸連調査:P2 ファーマシーフェアの話題:P3 新薬の浸透に重点 大日本住友:P7 企画〈外資系製薬企業〉:P4~5

続きを読む »


2015年04月24日 (金)

日時 平成27年5月23日(土)15時~ 場所 下関市勤労福祉会館2階第1会議室(山口県下関市幸町8-16) 主なプログラム 1.話題提供(平成25年度財団研究助

続きを読む »


2015年03月27日 (金)

 大阪府知事をはじめとする産学官のトップ(12機関)で構成する大阪バイオ戦略推進会議は23日、2015年度のアクションプランとなる「大阪バイオ戦略2015」策定に向け、国家戦略特区等を活用し、先端的な医薬品・医療機器

続きを読む »


2015年01月28日 (水)

 厚生労働省の独立行政法人評価委員会高度専門医療研究部会は26日、2015年度から6年計画で開始するナショナルセンター(NC)6法人の中長期目標案を了承した。独立行政法人通則法の改正を受け、新たに発足する「国立研究開

続きを読む »


2014年12月26日 (金)

きょうの紙面(本号12ページ)
危険ドラッグで立入調査:P2 回顧と展望 :P3~5 今年の10大ニュース:P6~7 骨格筋疾患で提携拡大 アステラス:P11

続きを読む »


2014年10月29日 (水)

 千里ライフサイエンス振興財団=シンポジウム「血栓形成の分子メカニズムとその制御」を11月6日10時から、豊中市の千里ライフサイエンスセンターで開く。  血管は生命維持に不可欠な流動性を保つため、多様な抗血栓機

続きを読む »


2014年10月28日 (火)

 国立循環器病研究センターは宮城県登米市で、地元住民の血圧やコレステロール値、血糖値などを測定する健康チェックやお薬相談を行う交流会を開催した。宮城県薬剤師会、登米市薬剤師会との共催で、地域の薬剤師が住民に対

続きを読む »


2014年10月27日 (月)

 「薬事日報」の記事タイトルをリスト形式で掲載。記事全文は「薬事日報 電子版」でご覧いただけます。(→ 「薬事日報 電子版」とは) ※「薬事日報 会員」は、記事タイトルをクリックすると、記事全文をご覧いただけます。

続きを読む »


2014年09月12日 (金)

日時 2014年11月6日(木)10:00~16:10 場所 千里ライフサイエンスセンタービル5階 山村雄一記念ライフホール (大阪、豊中市) 主催 公益財団法

続きを読む »


2014年08月01日 (金)

 国立循環器病研究センターは7月29日、厚生労働省の独立行政法人評価委員会高度専門医療研究部会に、2013年度の自己評価を提出した。14評価項目のうち「臨床を志向した研究・開発の推進」「患者の視点に立った良質かつ安心

続きを読む »


2014年08月01日 (金)

きょうの紙面(本号12ページ)
スイッチ化促進など要望 一般薬連:P2 独立行政法人が自己評価:P2 企画〈ジェネリック医薬品メーカー〉:P3~11

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報