日本国際賞”を含む記事一覧

2018年4月12日 (木)

 来週4月16~20日は、科学の進歩と人類の平和や繁栄に貢献した功績を称える「日本国際賞」週間だ。2018年日本国際賞の「医学・薬学」分野に選ばれたマックス・クーパー博士(米エモリー大学医学部教授)とジャック

続きを読む »


2018年4月11日 (水)

きょうの紙面(本号8ページ)
薬用植物国産化事業 AMED:P2 診療報酬改定の疑義解釈:P3~5 発売40周年のアセス 佐藤製薬:P6 アジア新卒外国人に食指 アステラス:P7

続きを読む »


2018年2月16日 (金)

◆リチウムイオン電池を開発し、日本国際賞を受賞した旭化成名誉フェローの吉野彰博士が日本の基礎研究力について、「アジアの中で過去に持っていた日本の優位性は、既になくなっている」と冷静なコメントを残した。医薬分野とは違う

続きを読む »


2018年2月2日 (金)

 国際科学技術財団は第34回日本国際賞の受賞者を発表し、「医学、薬学分野」では免疫を司るBリンパ球・Tリンパ球系列を発見した、豪ウォルター・アンド・イライザ・ホール医学研究所のジャック・ミラー名誉教授、米エモ

続きを読む »


2018年2月2日 (金)

きょうの紙面(本号8ページ)
第34回日本国際賞決まる:P2 京都府薬が新年のつどい:P3 大阪で西日本医療品総合展示会:P6 また大型買収 サノフィ:P7

続きを読む »


2017年2月7日 (火)

「ゲノム編集」の貢献が評価  国際科学技術財団は2日、2017年(第33回)日本国際賞の受賞者を発表した。今年の対象である「生命科学」分野ではエマニュエル・シャルパンティエ(フランス:マックス・プランク感染生物

続きを読む »


2017年2月6日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
偽造品は厳正に対処 塩崎厚労相:P2 日本国際賞に3氏が決まる:P3 残薬解消を検証 総合メディカル:P6 レンビマを日米欧申請へ エーザイ:P7

続きを読む »


2015年2月16日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
薬局備え付け規則で改正案:P2 若手薬剤師フォーラム 大阪府薬:P3 今年の日本国際賞をめぐって:P4~5 売上高500億円が目標 アンジェスMG:P6

続きを読む »


2015年2月2日 (月)

 国際科学技術財団は、第31回日本国際賞「医学・薬学分野」の受賞者選考を行い、遺伝子治療で高い実績を残したセオドア・フリードマン氏(米国)とアラン・フィッシャー氏(フランス)の2人が選ばれた。賞状、賞碑、賞金

続きを読む »


2015年2月2日 (月)

きょうの紙面(本号8ページ)
医療機器開発で初の全国会議:P2 都薬が無菌調製研修実施へ:P3 日病薬近畿学術大会トピックス:P4 初期臨床開発組織を中外が新設:P7

続きを読む »


2014年5月2日 (金)

ヒストン修飾が遺伝情報制御  デビッド・アリス博士は、誰もがDNA研究に没頭した1990年頃、真核生物の染色体を構成する蛋白質の“ヒストン”に着目した。そして96年、ヒストン蛋白質に“アセチル化”という

続きを読む »


2014年5月2日 (金)

 「薬事日報」の記事タイトルをリスト形式で掲載。記事全文は「薬事日報 電子版」でご覧いただけます。(→ 「薬事日報 電子版」とは) ※「薬事日報 会員」は、記事タイトルをクリックすると、記事全文をご覧いただけます。

続きを読む »


2014年2月14日 (金)

◆染色体の一部がちぎれ、他の染色体に結合する状態の「転座」。女性研究者のジャネット・ラウリー博士が1973年に発見し、今では多くの癌の発症に関連することが分かってきた ◆慢性骨髄性白血病(CML)患者の9番染色体と

続きを読む »


2014年1月31日 (金)

 2014年(第30回)日本国際賞の受賞者が29日、発表された。受賞対象2分野のうち「生命科学分野」では、世界で初めて「遺伝子発現の制御機構としてのヒストン修飾」を発見し、遺伝子の後天的変化の謎を解き明かした

続きを読む »


2014年1月31日 (金)

 「薬事日報」の記事タイトルをリスト形式で掲載。記事全文は「薬事日報 電子版」でご覧いただけます。(→ 「薬事日報 電子版」とは) ※「薬事日報 会員」は、記事タイトルをクリックすると、記事全文をご覧いただけます。

続きを読む »



※ 1ページ目が最新の一覧

‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録