HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚科審科学技術部会】iPS臨床研究の申請報告、今月下旬に計画など審査へ

2013年3月8日 (金)

 厚生労働省は5日、理化学研究所と先端医療財団が申請したiPS細胞(人工多能性幹細胞)を用いた滲出型加齢黄斑変性の臨床研究に関する実施計画を、厚生科学審議会科学技術部会に報告した。これを受け、iPS細胞を用いた初めての臨床研究について、今月下旬に開催する審査委員会で実施計画や細胞の品質・安全性等を審議する。

 同研究は、iPS細胞を用いた臨床研究として、初めて国に実施申請が行われたもの。滲出型加齢黄斑変性の患者の皮膚細胞からiPS細胞を作製し、それを網膜色素上皮細胞(RPE細胞)に分化させてRPEのシートを作り、変性した網膜の黄斑部に移植することで、視機能を回復させる再生医療の有効性、安全性を確認する。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録