HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本精神神経学会学術総会】多剤併用で認知機能障害‐在宅高齢者対象に大規模調査

2015年6月18日 (木)

 多剤を併用するポリファーマシーは認知機能障害と関連することが、東京都健康長寿医療センター研究所の新川祐利氏らの研究グループが地域在住高齢者を対象に実施した大規模調査で明らかになった。認知機能障害がある群ではそうでない群に比べて、6種類以上を服薬する割合が高かった。今月4日から3日間、大阪市内で開かれた日本精神神経学会学術総会で発表した。

 ポリファーマシーは様々な薬物有害反応を引き起こし、ケーススタディなどでは認知機能障害との関連も指摘されている。精神科薬や抗コリン作用薬といった特定の薬剤と認知機能障害の関連は報告されているが、地域在住高齢者を対象にポリファーマシーと認知機能障害の関連が大規模に調査されたことはこれまでなかったという。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録