HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【医療機能評価機構】薬効違う後発品を取違え‐薬局ヒヤリ・ハット年報

2015年10月28日 (水)

一般名処方で注意喚起

 日本医療機能評価機構は26日、2014年の薬局ヒヤリ・ハット事例をまとめた集計結果を公表した。昨年の薬局におけるヒヤリ・ハット事例の報告件数は5399件。後発品の使用促進を受け、一般名処方に関するヒヤリ・ハット事例は5.3%と増えたが、薬剤取り違え事例のうち、不整脈用剤と痛風治療剤など主な薬効が異なる一般名の医薬品と取り違えた事例が12件(25.5%)見られたことから、同機構は薬局関係者に注意喚起した。また、医療機関で発生した処方の誤りを、薬局で発見した疑義照会関連の事例も14.6%と引き続き増えた。

 14年に報告されたヒヤリ・ハット事例は、調剤関連が4594件(85.1%)、疑義照会関連が789件(14.6%)等となった。そのうち疑義照会関連のヒヤリ・ハット事例は前年の13.4%から増え、年々増加傾向にあることが分かった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録