HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】一部後発品で挙動範囲外‐アレルギー薬、同等性は問題なし

2015年12月3日 (木)

 厚生労働省は11月27日、今年9月8日に行われた「第15回ジェネリック医薬品品質情報検討会」の概要を公表した。アレルギー用薬6成分の溶出試験を行った結果、いずれも生物学的同等性などには問題が認められなかったものの、一部の後発品で先発品の溶出挙動と類似の範囲にない製剤が認められたことから、メーカーが溶出挙動の改善に向けた対応をとることとなった。

 今回、検討対象となったのは、昨年3月の第12回検討会で選ばれた▽オキサトミド錠▽セチリジン塩酸塩錠▽エピナスチン塩酸塩錠▽ロラタジン錠▽エバスチン錠▽オロパタジン塩酸塩錠――のアレルギー用薬6成分。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録