HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【内閣府】重複投薬件数を見える化‐歳出改革工程で原案

2015年12月9日 (水)

単品単価シェアも指標に

 内閣府の経済・財政一体改革推進委員会は4日、「経済・財政再生アクション・プログラム(仮称)」の原案をまとめた。社会保障分野の歳出改革については、薬局に関わる改革について、重複投薬の取り組み件数を「見える化」するとし、昨年まで直近3年の平均件数の2倍以上と設定した。

 また、医薬品流通の妥結率についても、単品単価取引が行われた医薬品のシェアを指標とし、200床以上の病院で60%以上、調剤薬局チェーンでは65%以上と設定し、改革の進捗を把握していくとした。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録