HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【第一三共】癌領域で新製品ラッシュ狙う‐18~19年度に4品目上市

2015年12月21日 (月)

ゴームリー氏

ゴームリー氏

 第一三共は、重点領域に位置づける癌領域で、2018年度と19年度の2年間で後期臨床段階にある四つの抗癌剤上市を目指す。18年度にFLT3阻害薬「キザルチニブ」、MET阻害薬「チバンチニブ」、19年度にCSF-1R阻害薬「ペキシダルチニブ」、抗HER3抗体「パトリツマブ」の上市を見込む。グローバルR&Dヘッドのグレン・ゴームリー氏は、14日に都内で開催したR&D説明会で「この5年間、成功の鍵が癌領域であると優先順位をつけて活動してきた。その結果が出ている」と自信を示した。

 第一三共は、米アーキュールとの提携や、米プレキシコンや米アンビットの買収を通じて、癌領域の開発パイプライン強化を図る戦略をとってきた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録