HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【持田製薬】後発品売上100億円に自信‐バイオ後続品の品揃え拡充

2016年2月1日 (月)

持田社長

持田社長

 持田製薬の持田直幸社長は、1月25日の記者懇談会でG-CSF製剤「フィルグラスチム」のバイオ後続品を含めた後発品事業で今期売上高100億円の目標達成に意欲を示した上で、「フィルグラスチムやエタネルセプトに続くバイオ後続品の開発も現在進めている」と品揃えを拡充していく考えを示した。

 持田の2014年度後発品事業売上は80億円で、二桁成長を続けている。今後の成長に向けては、バイオ後続品事業を重要な戦略分野の一つと位置づけ、海外企業との提携を活用して開発を進めている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録