HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【iPSポータル】患者血液由来iPS細胞、今秋から販売を開始

2016年4月21日 (木)

村山昇作社長

村山昇作社長

 iPS細胞関連の技術を支援するiPSポータル(京都市)は、アンメット・メディカル・ニーズの治療薬開発支援を目的に患者の血液から作ったiPS細胞(アルツハイマーiPSパネル)の販売を今秋から開始する。血液を原料とする製品の販売は、血液法で厳しく規制されており、これまで血液製剤のみ認められていた。京都府の協力を得て今年2月、同社が「血液由来特定研究用具製造事業」の国家戦略特別地域の企業に認定されたことで、日本初の血液由来iPS細胞の提供が可能になった。

 iPSポータルは、2014年7月に、京都大学発ベンチャー、「iPSアカデミアジャパン」の特許以外の業務の譲渡を受けて設立された。

 「大学と事業会社の間に位置し、iPS関連事業がより早く、より幅広く育てるポータル(玄関口)として寄与し、患者に役立つ」を企業理念とする。主な業務は、iPS関連機器、ツール、試薬、培地等の評価受託・共同開発・販売など。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録