HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【EFPIAジャパン・バイオロジクス委員会】「先行品開発、優先すべき」バイオ後続品促進策を牽制

2016年6月7日 (火)

 欧州製薬団体連合会(EFPIAジャパン)のバイオロジクス委員会は、日本のバイオ後続品における政策に対して、「バイオ後続品の開発・使用促進を強化するよりも、バイオ医薬品そのものの開発を振興させるべき」との声明を発表し、先行するバイオ医薬品の創出を脅かすものであってはならないとの立場を示した。薬価については「現行の方式を維持すべき」と主張した。

 バイオ医薬品の多くが2015~20年にかけて特許切れし、バイオ後続品の開発が今後活発になることが予想される。同委員会では、バイオ医薬品が低分子医薬品と異なった品質特性を持つことを踏まえ、開発や承認審査、上市後の留意点を考える必要があると判断し、今回声明を発表した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
データ販売
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録