HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【フマキラー】大下社長「深刻な害虫媒介の感染症拡大」‐世界に誇る技術で製品開発へ

2017年7月18日 (火)

大下一明社長

大下一明社長

 フマキラーの大下一明社長は、5日に都内で開いた2017年度記者懇親会で、「害虫が媒介する感染症被害の世界的な拡大」を同社の喫緊の課題として挙げると共に、「これまで世界で培ってきた技術を結集し、圧倒的に害虫に効く“価値ある商品づくり”を通じて、日本そして世界に安心を届けたい」と強調した。

 大下氏は、害虫が媒介する感染症被害の世界的拡大に関して「地球温暖化と多国間の人の往来や貿易の急増が、大きな要因」と指摘。「先に報道された猛毒を持つ特定外来種のヒアリの日本上陸は、まさにこの環境変化がもたらしたものと言える。フマキラーでも環境省に協力し研究員をいち早く神戸に派遣したが、その後も新たな特定外来生物のアカカミアリが神戸、大阪で確認されるなど、状況は深刻だ」とした。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について
Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録