HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【GSK】抗インフル薬「リレンザ」を今シーズン1350万人分供給

2009年09月14日 (月)

 グラクソ・スミスクライン(GSK)は11日、抗インフルエンザウイルス薬「リレンザ」の今シーズン(09年9月~10年3月)の供給量を1350万人分とすると発表した。新型インフルエンザの感染拡大を受けた措置で、今後の流行状況によってはさらなる追加供給も検討する。

 「リレンザ」は、専用の吸入器を用いて薬剤を気道に直接到達させる吸入型の抗インフルエンザウイルス薬。既に抗インフルエンザウイルス薬の生産・供給をめぐっては、9日に中外製薬がノイラミニダーゼ阻害薬の「タミフル」を、来年3月までに1200万人分供給することを発表しているが、今回の「リレンザ」の供給量はそれを上回る。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報