HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大正製薬】BMSの商標権、子会社を買収‐アジア地域のOTC事業拡大へ

2009年09月16日 (水)

 大正製薬は16日、米国のブリストルマイヤーズスクイブ(BMS社)との間で、アジア地域においてBMSが保有するOTC医薬品の商標権などのブランド資産取得、並びにジャカルタに本社を置くPTブリストルマイヤーズスクイブ・インドネシア(BMSI)の株式97・97%を取得することで合意したと発表した。取得価格は、BMSのブランド資産が約145・6億円、BMSIの株式が136・5億円。

 大正の海外進出は、「リポビタンD」を発売した翌年の1963年から始まった。香港、台湾、マレーシア、フィリピン、インドネシア、タイ、ベトナム、中国などに現地法人を設立して、「エナジードリンク」という新市場を形成、ドリンク剤市場において国際的リーダーとしての地位を確立している。

 今回、取得するブランドのうち「Tempra」は、インドネシア、フィリピンの解熱鎮痛薬市場で、「Counterpain」は、インドネシア、タイの外用消炎鎮痛薬市場で、それぞれトップクラスのシェアを有する。BMSIは、インドネシアを拠点としたOTC医薬品を主体としたメーカーで、ジャカルタ郊外に2万5440m2の敷地を持つ工場を持っていることからも、今後のアジア事業拡大戦略で、生産拠点としての期待が高い。

 大正では「今回の買収を契機に、アジア事業全体を統括する会社をシンガポール、クアラルンプールなどを候補として新設し、成長市場であるアジア地域におけるOTC医薬品事業の一層の拡大を目指す」としている。

 なお、BMSIの役職員は、今後の事業展開の重要な戦力と位置づけ、現行の雇用及び処遇は維持していくという。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報