HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

ノロウイルス感染症の患者数さらに増加

2006年12月19日 (火)

 厚生労働省と国立感染症研究所が15日に発表した感染症週報(11月27日012月3日)によると、ノロウイルスが原因とみられる感染症胃腸炎が、依然として過去最高規模で流行していることが分かった。ノロウイルス感染症の報告は、例年であれば12月中旬以降が多いため、厚労省などは今後さらに発生が拡大する可能性も高いとみて、注意を呼びかけている。

 週報によると、11月27日からの1週間で、感染性胃腸炎の定点当たり報告数は21.8(報告数6万5638件)。これは、調査を開始した1981年以来の最高値であった前週(定点当たり19.8、報告数5万9779件)をさらに上回っている。地域別では、今までは西日本からの報告が多かったが、最近は中部・関東地方なども流行が見られている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録