HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

エイズ薬77品目‐米国企業が開発中

2006年12月19日 (火)

 米国研究製薬工業協会(PhRMA)の調べによると、米国企業が開発に取り組んでいるHIV・エイズ治療薬(関連疾病含む)は77種類あり、全て臨床試験段階か承認審査段階にある。そのうち最も多いのが抗ウイルス薬で35種類、次いでワクチンが19種類。

 PhRMAによると開発中の薬剤には、[1]薬剤耐性患者のウイスル量を減らすインテグラーゼ阻害剤[2]HIVから取ったDNA断片を蛋白質と結合させることにより、感染の予防、ウイスルが引き起こすダメージを軽減するワクチン[3]ヒト細胞表面にある受容体蛋白質に結合し、HIVが細胞に侵入することを阻害する薬剤――などがあるという。

 原因ウイルスが初めて確認されて以来、承認された治療薬は現在で88種類に上るが、今回明らかにされたものは、それに加わる可能性がある。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録