HOME > 無季言 ∨ 

医薬分業不要論をどう捉えるか

2010年4月16日 (金)

◆Webを検索していると時々、ハッとする見解に出会う。つい先日も「医薬分業は廃止すべき」との医師の主張を目にした。メリットはそれほどない上にコストが高くなり、患者の利便性も低下するとの意見だ。この医師は薬剤師資格も持っているという
◆個人によって物事の見方は異なるのだから、これはこれで一つの意見。問題は、こうした主張を目にした時に薬剤師自身がどう捉えるか。「分かってないな」で片づけてしまうのか、「薬剤師の存在意義を理解してもらう努力がまだ足りない」と受け止めるのか
◆分業黎明期によく聞かれた医薬分業不要論は、分業率が60%に迫った現在も燻り続けている気がする。薬局薬剤師が医療の中でどんな役割を担い、何ができるのか。薬剤師が思っている以上に、社会に見えていないのではないかと思う
◆他の医療職では対応が難しく、薬局薬剤師が関わることによって解決できる患者や家族の問題は、たくさんあるはずだ。一人ひとりの薬剤師が目に見える実績を早急に積み上げて、社会の信頼を獲得し、医薬分業不要論を軽く笑い飛ばせるようになってほしい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録