HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【協和発酵キリン】パーキンソン病治療剤「KW-6002」をカナダのBLS社に導出

2010年6月4日 (金)

 協和発酵キリンは、カナダの「バイオベールラボラトリーズ・インターナショナルSRL」(BLS)に対し、パーキンソン病治療剤「KW‐6002」(一般名:イストラデフィリン)の米国・カナダにおける商業化権利を導出した。これまで導出交渉の不調が続いていたイストラデフィリンだが、導出先が決まったことで、海外展開に向け一歩前進した格好だ。

 今回の契約により、協和発酵キリンは、BLSから1000万ドルの契約一時金、最大2000万ドルの開発マイルストン、最大3500万ドルの販売マイルストンを受け取る。さらに、販売額に応じた最大30%のロイヤリティを受け取る権利を取得した。

 イストラデフィリンは、旧協和発酵が開発したアデノシンA2A受容体拮抗剤。協和発酵キリンが米国展開を目指し、他社との導出交渉を行ってきたが、交渉の不調が続いていた。また、2008年2月には米FDAから「承認不可」通知を受領。こうした中、中枢神経領域のスペシャリティファーマであるBLSに導出が決まったことで、イストラデフィリンの米国展開に弾みがつきそうだ。

 BLSは、早期にFDAとイストラデフィリンの開発に関する協議を開始する予定。一方、国内では第III相試験を実施中。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録