HOME > 無季言 ∨ 

ドラッグ業界の方向性は

2011年5月23日 (月)

◆ 昨夏の猛暑による季節商品の伸びや、花粉飛散量の増加に伴う関連商品の拡大が、前期業績に寄与した大手ドラッグストア各社

◆しかし、個人消費の低迷、同業・他業態を含めた競合激化もあり、ドラッグストア業界の先行きは不透明だ

◆そうした中、最近は新業態の取り組みも進んできた。マツモトキヨシは今月、健康と美に特化した「H&Bプレイス」関西1号店をJR大阪駅前に開設した。厳選したオーガニック・ドクターズコスメ、サプリメントなどの商品を揃え、専任の化粧品アドバイザーや管理栄養士が“内外美容”を提案する。今後も女性ニーズに対応した店舗作りを強化する考えだ

◆CFSコーポレーションでは、タキヤ、ミニストップと合弁で、新業態店舗の開発を進めている。ドラッグとコンビニの専門性と利便性を兼ね備えた店舗「れこっず」は、小平市に6店舗目がオープンした。「地域のヘルスケア拠点と共に、生活支援ステーションを目指す」試みは、ドラッグ業界の一つの方向性を示しているといえそうだ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録