【新製品】貼付型アルツハイマー型認知症治療剤「リバスチグミン」‐19日付薬価収載受け新発売 ノバルティスファーマ、 小野薬品

2011年7月22日 (金)

 ノバルティスファーマと小野薬品は、貼付型アルツハイマー型認知症治療剤「リバスチグミン」(一般名)を新発売した。製品名は、ノバルティスファーマが「イクセロンパッチ」、小野薬品が「リバスタッチパッチ」で、一物二名称の販売となる。

 リバスチグミンは、ノバルティスファーマが創製したコリンエステラーゼ阻害剤。国内では初めてのパッチ剤として、2007年から小野薬品と共同開発が進められてきた。背部や上腕部などの皮膚に1日1回貼るだけで、認知症症状の進行を抑制することから、介護者の服薬管理や介助負担の軽減が期待できる。

 既にリバスチグミンは、07年に米国、欧州で承認されて以来、軽度・中等度のアルツハイマー型認知症の標準治療薬の一つとして、世界82カ国以上で承認されている。

 用法・用量は、1日1回4・5mgから始め、原則として4週ごとに4・5mgずつ増量し、維持量として1日1回18mgを貼付する。背部、上腕部、胸部のいずれかの正常で健康な皮膚に貼付し、24時間ごとに貼り替える。

 薬価は、4・5mgが337・20円、9mgが379・70円、13・5mgが407円、18mgが427・50円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録