HOME > 無季言 ∨ 

抗癌剤の副作用対策は投与前から

2011年12月12日 (月)

◆「患者さんには、抗癌剤の副作用が発現した後の対策を伝えるだけでなく、治療の開始前から取り組むべきことを伝えなければならない」。先日の日本臨床薬理学会年会で静岡県立静岡がんセンター総長の山口建氏は演壇に立ち、そう呼びかけた
◆その一つが口腔ケア。抗癌剤は口内炎などの副作用を引き起こしやすい。食事を摂れないばかりか、感染症が全身に広がる原因にもなる。抗癌剤治療前に歯科を受診し、虫歯や歯周病を治療したりして口腔内を清潔に保っておくと、その発現を軽度に抑えられる
◆副作用で脱毛も起きる。治療開始前に低刺激のシャンプーを用意するほか、カツラの必要性が生じた場合に備え、前後横の3方向から頭を撮影しておくと対処しやすい。同センターはこれらの情報提供に力を入れているという
◆こうした情報は院外の薬局でも情報提供すべきだ。馴染みの患者から「これから病院で抗癌剤治療を受ける」と相談を受ける機会もあるだろう。治療中だけでなく、治療前からいかに関わるか。重要な視点だ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録