HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省新規施策】審査当局と人材交流‐アカデミア21機関を選定

2012年6月12日 (火)

 厚生労働省の新規施策で、医薬品医療機器総合機構(PMDA)や国立医薬品食品衛生研究所(NIHS)とアカデミアが人材交流しながら日本発の先端研究を迅速に出口に導く「革新的医薬品・医療機器・再生医療製品実用化促進事業」の参加機関が決まった。医薬品分野では薬学系大学院・大学附属病院・ナショナルセンターなど8機関、医療機器分野では工学系大学院を含む7機関、再生医療分野は医学系大学院・研究所や先端医療振興財団など6機関を採択した。

 同事業は、レギュラトリーサイエンス推進の一環として実施する。3月末から5月上旬までの公募には70機関が申し込んだが、専門家の評価を経て厚労省が21機関を選定した。

 今後、審査当局とアカデミアが連携し、アカデミア側は発展途上にある新技術の安全性と有効性の評価手法を確立するための研究を行い、当局側は審査ガイドラインを作成する。期間は今年度から3~5年程度を予定している。

関連リンク



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録