知覚・痛覚定量分析装置「Pain Vision」 ニプロ

2007年04月11日 (水)

 ニプロは、痛みのレベルを数値化する知覚・痛覚定量分析装置「Pain Vision」を3月22日から新発売した。杏林大学保健学部教授の嶋津秀昭氏が開発し、オサチが製品化したもの。患者の知覚閾値を測定し、感じる痛みを数値化することで、痛みを客観的に把握し治療に反映できるという。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報