HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】16年度まで新興国9割進出‐年平均16%成長を目指す

2012年9月3日 (月)

モリッヒ氏

 武田薬品は、2016年度まで新興国市場で年平均16%の成長率を達成し、新興国市場のカバー率を90%まで引き上げる。ナイコメッド買収後、グローバルリーチを広げた新興国市場の拡大を急いでいるところで、特に売上最大規模のロシア・CISを始め、ブラジル、中国で国内開発を強化し、新製品を相次ぎ投入していく考えだ。28日に都内で開いた新興国事業ミーティングで、取締役チーフコマーシャルオフィサーのフランク・モリッヒ氏は「ポートフォリオでは新薬が重要な地位を占めてくる」と述べた。

「現地化」で新薬投入加速

 武田は、ナイコメッド買収で欧州・新興国にリーチを広げた。2012年度第1四半期の地域別売上高比率では、欧州・新興国の占める割合が前年同期の15%から29%に一気に拡大している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録