HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本薬学会】次期会頭 柴崎氏が再登板

2012年11月26日 (月)

基礎・臨床薬学融合に意欲

柴崎氏
柴崎氏

 日本薬学会は、2013年度役員候補として、柴崎正勝氏(微生物化学研究所所長)を次期会頭候補とすることを理事会で確認した。2度目となる会頭就任に向けて柴崎氏は、本紙の取材に「私の使命は、伝統的な基礎薬学と臨床薬学との融合を図りながら、薬学発展に尽くすこと。そのための信頼関係を構築したい」と述べ、新たな時代の薬学構築に意欲を示した。来年3月27日、横浜市で開かれる第133年会の総会で正式承認される予定。

 柴崎氏は、東京大学大学院薬学系研究科長を務めた06年から同学会会頭を1期1年務め、10年には微生物化学研究所所長に就任した。また、99年に日本薬学会賞、03年に紫綬褒章、05年には日本学士院賞、08年にアメリカ化学賞を受賞。同年、イギリス化学会からセンテナリーメダルが授与されるなど、わが国の有機合成化学の第一人者である。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録