HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大塚製薬工場/三井物産】印で輸液事業に参画‐現地大手と合弁会社を設立

2012年12月12日 (水)

 大塚製薬工場と三井物産は、印後発品大手「クラリス・ライフサイエンシズ」が新設する輸液事業会社に資本参加すると発表した。両社は、輸液事業会社「クラリス大塚」(仮称)が実施する総額約105億ルピー(約160億円)の第3者割当増資を共同で引き受ける。クラリス大塚を通じてインド市場をはじめ、クラリスが展開している世界52カ国への進出も目指す方針だ。

 クラリス大塚は、インドで輸液・GE薬の製造・販売を手がけるクラリスから輸液事業の譲渡を受けて、来年新設する合弁会社。出資比率は大塚が60%、クラリスが20%、三井物産が20%となる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録