HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【帝人】フェブリクの伸長見込む‐在宅のSAS治療器に期待

2012年12月12日 (水)

大八木社長

 帝人は7日、大阪市内で記者懇談会を開き、大八木成男社長が、痛風・高尿酸血症治療剤として世界で42年ぶりの新薬として発売した「フェブリク」の売上伸長に期待を示した。

 開会のあいさつで大八木氏は2012年度を「前半は、欧州の財政危機にどのように対処するかで、天気に例えれば大雨だった。その後、海外の経済の動きをコントロールできない中、引き締め政策によって後半を迎えた」と分析。その上で「後半は、ヘルスケアの新薬フェブリクの伸びによる収益力アップを見込んでいる」との予測を示した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。

関連リンク


‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録