HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

日本初の官民基金が発足‐途上国向け新薬開発を支援

2013年04月11日 (木)

 開発途上国向けに顧みられない熱帯病(NTD)の新薬開発を支援する日本初の官民パートナーシップが設立され、8日に「一般社団法人グローバルヘルス技術振興基金」(GHITファンド)として発足した。今後、資金を助成する研究テーマの公募を開始し、7月に第1回目の選定を行う予定。

 同基金は、アステラス製薬、エーザイ、塩野義製薬、第一三共、武田薬品の国内大手製薬企業5社、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が資金を拠出して設立された。発足時で製薬各社は1億円を出資。ゲイツ財団は最低3億円を拠出し、さらに増資を検討中という。製薬企業からの出資は7社に拡大する見込み。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報