HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

電子処方箋「学ぶ場」に‐医薬患連携情報共有研究会が発足

2013年4月11日 (木)

薬局薬剤師や大学関係者らが集まり開かれた第1回目の講演会

薬局薬剤師や大学関係者らが集まり開かれた第1回目の講演会

 病院や診療所、薬局、患者がデータセンターを介して様々な情報を電子的に共有するシステムのあり方を、薬剤師の視点から考える「医薬患連携情報共有研究会」がこのほど、徳島文理大学香川薬学部を事務局として発足した。香川県では今年3月まで電子処方箋の実証実験が行われ、10以上の薬局の薬剤師が電子的な情報の共有化を体験した。ここで得た経験をもとに、引き続き関係者の意識を啓発したい考えだ。

 同研究会は、文部科学省の大学間連携共同教育推進事業として2012年度から始まった「四国の全薬学部の連携・共同による薬学教育改革」の一環として設置された。薬剤師や薬学関係者、薬業関係者に幅広く参加してもらい、電子的な情報共有のあり方について学んだり、意見を交わしたりする場として活用する。第1回目の講演会を3月に徳島文理大学薬学部で開催したのを皮切りに今後、定期的に講演会などを開く計画だ。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録