HOME > 書籍 ∨ 

【書籍】スタチン!コレステロール低下薬のウソとホント

2013年9月20日 (金)

sutatin

本書は、使用する患者数500万人以上と言われるコレステロール低下薬スタチンを《水溶性》と《脂溶性》に区別して、その違いを様々な研究結果を基に解説しています。

スタチン治療における最終目標は、高いコレステロールを下げることではなく、心筋梗塞や狭心症などの心・脳血管疾患を予防することにあります。
スタチンを水溶性と脂溶性に区別すると、スタチン治療本来の目的である心・脳血管疾患の予防効果に違いがあることが見えてきます。

目次

1.3大危険因子+1
2.コレステロール
3.スタチン
4.水溶性と脂溶性の違い
5.スタチンの実験研究
6.スタチンの臨床試験
7.スタチンの基礎研究
8.スタチンを服用している読者へ


【著者】市原 和夫(北海道薬科大学名誉教授)(’13.9)
    佐藤 久美(北海道薬科大学教授)
【判型・頁】四六判・182頁
【定価】1,800円(消費税等別)
ISBN:978-4-8408-1251-1 C3047


※ 送料:国内1カ所送付につき、重量5㎏以下 550円、重量5㎏超 850円



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

書籍 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録