HOME > 無季言 ∨ 

「調剤儲けすぎ論」が相次いでいるが

2013年10月30日 (水)

◆次期調剤報酬改定の本格論戦を前に、大手調剤薬局チェーンへの風当たりが強まっている。日本薬剤師会が調剤報酬改定に向けて示した基本的な考え方でも、「調剤専門薬局から脱却」し、地域の健康づくり拠点として多様な医薬品提供・相談の体制を構築することを一つの柱に位置づけている
◆各方面からは「調剤儲けすぎ論」が相次いでいるが、一部企業の儲け主義だけを叩くことで、薬局薬剤師が問われている課題の解決につながるわけでもない。調剤薬局チェーンが悪いと片付けるのは簡単だ
◆地域薬局でも、かかりつけ機能を発揮できていない薬局もあるし、調剤薬局チェーンで注目される取り組みをしている企業もある。また、株式会社である以上、営利を求めるのは当然であり、そこを批判するだけでは本質を見誤ってしまわないか
◆調剤薬局チェーンかどうかにかかわらず、きちんと薬局の機能を発揮しているかどうか、薬剤師として患者に責任を果たしているかどうか。そこを問うた上で、適切な対価をめぐって議論を進めてほしい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録